私たちが大切にしていること

安心を笑顔に 社員を大切にすることが安心を生み、安心は人の笑顔を創りだす

安心して働ける会社であるために

長く安心して働ける職場だから、
自分の力を発揮できる。

当社には1,000名以上の社員が在籍していますが、一人として契約社員はいません。
全員に終身雇用を約束し、パートタイムの方にも正社員登用制度を奨励しています。
長く安心して働いてもらうことで、最大の力が出せると考えているからです。
また、高齢者や障がい者、外国人の雇用も積極的に推進しています。

社員満足が必ず、
顧客満足につながる。
だから「社員満足第一主義」。

私たちの事業は、「食」や「美」を通してお客様に満足を提供する「サービス業」です。
だからこそ、社員が満足していない状態ではいいサービスはできません。
社員が満足して、はじめて質の高いサービスが提供できる。その考えをもとに「社員満足第一主義」を掲げ、教育制度の充実や、働きやすい職場環境の整備に取り組んでいます。

スタッフが最大限成長するために

多角的な教育アプローチだから
質の高いスタッフが育つ。

当社では、可能なかぎりいろいろな業態で経験を積めるように「ジョブローテーション制度」を導入しています。こうした制度が利用できるのは、多種多様な調理業態を持つ東京天竜ならでは。「もっといろいろな経験がしたい」「調理技術の幅を広げたい」という熱意を持った方であれば、多種多様なフードサービスを経験することで、さまざまな知識と技術を蓄積でき、「食」の仕事を生涯かけて追求できるものにできます。

やる気と志さえあれば、
キャリアアップできる
職場環境。

当社では、やる気と志があれば年齢・社歴を問わず、そして息長く活躍できるキャリアプランが描けます。ヒューマンスキルの向上やオペレーションの習得からスタートし、3年目には企画業務への参加、5年目には指導能力の成熟と中間管理職への準備など、自身の将来設計に沿って次のポジションを目指すことが可能です。

社会貢献企業であるために

ノーマライゼーション
実現のために
障がい者雇用も積極的に推進。

1人でも多くの社員を仲間として迎え入れるために、当社では就労を希望する多くの障がい者の方に雇用機会を創出しています。
障がいの種類・程度に関わらず就労できる環境づくりと、能力を最大限に発揮できる会社づくりに尽力しています。また、ノーマライゼーション実現のために既存社員と交流できる場も設けています。

障がいの度合いに関係なく
働ける自社農園
「ふれあい農園がじゅまる」
をオープン。

障がい者雇用推進の取り組みのひとつとして、平成24年10月千葉県市原市に自社農園「ふれあい農園がじゅまる」をにオープンしました。
大切に育てた野菜は、収穫後に自社運営の飲食店へ出荷されるほか、社員向けにも販売されています。安全でおいしい食材を自社で生産できるようになったことは、「食」を扱う企業として大きな誇りになっています。