長野県塩尻市ご当地グルメ キムタクご飯

2019年02月01日

調理時間
45分
栄養価 (1人分)
エネルギー   607kcal
たんぱく質   28.0g
脂質      21.8g
塩分      2.8g

キムタクごはん

材料 (4人分)
精白米       1.5合
麦         25g
酒         小さじ1
ごま油       小さじ1
*具*
油         小さじ1
生姜(みじん切り) 1かけ
豚小間       40g
たくあん(みじん切り)40g
キムチ(みじん切り)40g
ねぎ(みじん切り) 1/3本
しょうゆ      大さじ2/3
つくり方

①精白米と麦をとぎ、炊飯器に入れ、適量の水とごま油、酒を入れて炊きます。
②具をつくります。フライパンに油を熱し、生姜を炒め、香りが立ったら、豚小間、たくあん、キムチを炒めます。
③肉に火が通ったら、ねぎを入れ、塩こしょう、しょうゆで少し濃いめの味付けをします。
④①のご飯が炊きあがったら、④の具を混ぜて完成です。

ポイント

キムタクご飯のはじまりを紹介します。
長野県の大切な食文化のたくあんなどの漬物を、子供たちにおいしく食べてもらおうと開発されたのが、この『キムタクごはん』でした。
長野県の学校の栄養士さんが開発したこのキムタクごはんですが、学校中でおいしいと大絶賛されたことに加え、「キムタク」という名前の語呂が良かったことから、噂が広まり全国的にB級グルメとして知られるようになりました。


鶏肉の山賊焼き

材料 (4人分)
鶏もも肉(20g) 4切
酒        大さじ1
塩        小さじ1/2
粉山椒      三つまみ
こしょう     少々
にんにく(おろし)3g
葱(刻み)    10g
小麦粉      大さじ1
揚げ油      適量
つくり方

①鶏肉に酒~刻み葱を漬け、冷蔵庫で30分置いておきます。
②漬けた鶏肉を取り出し、全体に小麦粉をまぶし、180℃の油で火が入るまで揚げます。

ポイント

鶏肉の山賊焼きも長野県の中信地区の郷土料理です。
山賊焼きの名前の由来には3つの説があります。
1.塩尻市のお店「山賊」さんが始めた。
2.松本市のお店「河昌」さんが、山賊は物を「取り上げる」=「鶏揚げる」から語呂合わせで命名した。
3.山賊のように豪快に手づかみで食べた。
しかし未だにどれが本当なのかは分からないのだそうです。ただ「山賊が食べていた」という由来ではないのは確かです。

太平汁

材料 (4人分)
鶏肉(小間切れ)50g
人参(いちょう) 80g(1/3本)
大根(いちょう) 100g(1/4本)
里芋(いちょう) 60g(1コ)
白滝(3cm)   60g  
干し椎茸(スライス)2枚
厚揚げ(1cm角) 75g(1/2枚)
酒       小1
薄口醤油     大2
みりん       大1
だし汁     500ml
つくり方

①こんにゃくと厚揚げはそれぞれ下茹でをし、ざるにあげて~きます。干し椎茸はぬるま湯で戻しておきます。
②だし汁に、鶏肉、人参、大根、白滝、干し椎茸をいれ、弱火~中火で8分煮ます。
③里芋を入れ、すべての野菜が柔らかくなるまで煮ます。
④酒、薄口醬油、みりんで味付けをして完成です。(味見をして、薄ければ塩(分量外)をいれ、味を調整してください。)

ポイント

太平汁は、おおひら汁と読みます。
この珍しい名前は、漆塗りの平椀(おひら)に盛っていたことから名づけられました。
お正月や冠婚葬祭によく登場する長野県の郷土料理です。

作っているのはこんな人

竹原 紀子
管理栄養士
東京都出身
1982年生まれ
AB型

普段は中学校給食の栄養士を担当しています。
みなさんが毎日食事を楽しんでいただけるように、栄養バランスの良い給食レシピを開発しています。
この給食レシピにはご自宅でも作れるレシピをいっぱい掲載しているので、ぜひ試してみてくださいね。