お知らせ 2019/10/21

【令和元年10月14・19日】社員研修を実施しました。


当社給食事業部が主催する「社員研修」を行いました。
この集合研修は、給食事業部の社員を対象とし年に2回(5月・10月)開催しています。
2日間を通じて総勢451名が参加しました。


≪社員研修 開催概要≫
 令和元年10月14日(月・祝):エッサム神田2号館
 令和元年10月19日(土)  :全水道会館


◆講義内容
 1.「人的災害は100%防げる」/講師:給食事業部 業務管理課
 2.「危機管理~労災をなくす~」/講師:給食事業部 人事班
 3.「ノロウイルス~HACCPの義務化について~」/講師:給食事業部 栄養衛生課
 4. 「総括」/講師:当社代表取締役    東 雅臣



前半は「危機管理」の講義です。
①給食調理で絶対起こしてはいけない3つの事故・・・「アレルギー事故」「食中毒事故」「火災事故」。
 いずれも人の命に関わる重大事故であり、当社では「ルールを守る」&「知識を備える」ことで
 100%防げることをスローガンに掲げています。
 今回は火災事故を取り上げ、調理場で火災につながりやすい事例を挙げて予防策を確認しました。



②調理室では刃物や火気を扱うため、私たちは多くの危険と隣り合わせで仕事をしています。
 業務中の労災事故を発生させないために、切り方の工夫を映像でおさらいしたり、
 調理機器を取扱説明書どおり使用するという基本の徹底を周知しました。



後半は「衛生管理」の講義です。
当社では以前からHACCP(ハサップ・危害分析重要管理点)に基づく衛生管理を実践しています。
昨年全ての食品加工事業者に対し2021年6月までにHACCPに沿った衛生管理制度を導入することが決定。
この2021年6月からの義務化を受けて、当社では「1.食中毒を起こさない」「2.異物混入を起こさない」
「3.記録を残す」ために私たちが既に行ってきた衛生管理と記録を確実に行う事を約束しました。
また、生物的危害の一つであるノロウイルスが流行しやすい冬季を迎えるにあたり、
ノロウイルスの特徴を知り自宅・事業所にてやるべき予防法を復習しました。


地震や台風のような自然災害とは異なり、給食調理室内に潜む「人的災害は100%防げる」を頭に入れて
これからも全社員一丸となって安全・安心な給食提供につとめてまいります。